TRAINING
PROGRAM

未来を予見し、それに基づく戦略を磨くためのトレーニングプログラムに参加してみませんか?

弊社が独自の事業開発ノウハウを盛り込み展開するビジネスプロデューサー育成プログラムや、オフィシャルパートナー契約を結んでいる、
米国の “Institute for the Future (IFTF)” と英国の「School Of International Futures (SOIF)」が提供するトレーニングプログラムなどをご用意しています。

海外でのプログラムについては弊社が責任を持って、参加企業及び参加者の準備とフォローを担当いたします。

[ エントリーコース (英語) / 現場担当責任者向け ]
未来予測を体系的に学びたい方に

IFTF
Foresight Essentials

未来予想を取り入れた戦略的思考を強化するトレーニングプログラム

米国のIFTF本社にて来たるリスクの理解、また未来予測のスキルを身につけ、自ら数十年後の未来の社会、市場、人々、自らのあり方について、イメージを持つことにより、あるべき事業、政策へのリーダーシップ力を強化することを目的としたプログラムです。
戦略企画部門のリーダーやメンバー、マーケティングやリサーチ担当者、イノベーションや新規事業を推進する組織のメンバー、未来の変化に備えたい経営者やリーダーシップ層の方におすすめです。

弊社では責任をもって、参加企業及び参加者の出発までの準備と帰国後のフォローまで担当させていただきます。さまざまな新規事業やスタートアップがうまれてきた米国・シリコンバレーの中心地で、多種多様な仲間と英語で議論すること。加えて、日本語でのプレ・アフターにより、トレーニングによる学び、アウトプットの価値を底上げします。

得られるスキル

  • シグナルの探索

    来たる未来へ向けて新しいトレンドや技術の兆候を早期にキャッチし、ビジネスチャンスを見つける方法を学びます。

    [ メリット ]
    競争優位性の強化

    早期にトレンドをキャッチし、
    市場の変動に素早く対応。

  • 未来のシナリオプランニング

    複数の未来シナリオを構築し、それぞれの未来での戦略的アクションを計画します。

    [ メリット ]
    ビジネスのリスク低減

    さまざまな未来シナリオを予測し、
    危機管理の戦略を強化。

  • 戦略的思考(Spectrum Thinking)

    変化する市場環境に柔軟に対応し、組織の方針や戦略を最適化する方法を習得します。

    [ メリット ]
    イノベーションの促進

    新しい市場やビジネスモデルのチャンスを発見し、
    新たな価値を創出。

参加の流れと内容

  • 01

    事前オリエンテーション
    CBP東京オフィス

    米国出発の1週間前、セッション開始にあたって、オリエンテーションを開催いたします。ご参加される方には自己紹介と、研修に向けての準備を行っていただきます。
    ※日本語でのオリエンテーションです。

  • 02

    トレーニング3DAYS
    IFTF本社(カリフォルニア)、その他ニューヨーク・ニュージーランドでも開催あり

    IFTF本社があるカリフォルニア州パロアルトはシリコンバレーの中心にある、スタンフォード大学のキャンパス近くの豊かな自然環境にも恵まれた街。Foresight Essentialsは将来予測の専門家により実施され、未来予測の手法を学び、自社の未来の在り方を自ら考え戦略策定する三日間の実践的トレーニングです。トレーニングはIFTFのカルフォルニア本社で行われますが、ほかにニューヨークやニュージーランドで行われるものもあります。
    ※英語でのトレーニングです。

    3 Days Schedule

    [ Day 01 ]

    基本スキルの習得/未来予測作成

    • ・小グループ活動と全体ディスカッション
    • ・戦略的先見性の基本スキル・実践を学ぶ
    • ・Foresightの四つの基本を探求
    • ・未来の質問設定の方法を学び思考を広げる方法を習得
    • ・未来のシナリオやナラティブの予測を作成

    [ Day 02 ]

    Foresight作成演習/予測ツール活用練習 / Foresightから洞察へ移行

    • ・Foresightの能力を鍛え、予測を多様に構築
    • ・ツールを日常の実践に組み込む方法を考察
    • ・Foresightから洞察移行
    • ・洞察ツールで未来と現在関連付け

    [ Day 03 ]

    未来シナリオ作成/戦略策定とフィードバック

    • ・データの収集やトレンド分析
    • ・外部要因や変化を認識
    • ・未来のシナリオを作成
    • ・各シナリオに効果的な戦略を策定
    • ・戦略のフィードバックと改善
    • ・戦略を見直す

    ※ネットワーキングパーティーもございます。

  • 03

    学びの振り返り会
    CBP東京オフィス

    帰国から1~2週間後、セッションの内容を踏まえた、弊社Future Drawing担当スタッフによるフォローアップを行います。
    研修で得た知識や学び、経験を整理、相互に共有することで未来への考えを深めます。

    また自社、各個々人の活動へ紐付ける未来予測や、自らの必要とする未来へのアクションの落とし込みを行います。
    ※日本語での振り返り会です。

費用概算

[ 費用 ]

150 万円

費用は為替等の影響により変動する可能性がございます。ご了承ください。

[ オンライン受講の場合 ]

50 万円

費用は為替等の影響により変動する可能性がございます。ご了承ください。

開催日程等、詳しくはお申し込みフォームよりお問い合わせください。

[ エキスパートコース (英語) / 上級管理職向け ]
未来予測のエキスパートを目指す方に

Foresight Retreat

戦略的先見性と組織の未来を構築する英国・マナーハウスでの合宿(5日間)

英国の歴史あるマナーハウスで行われる5日間の対面滞在型の集中コースで、戦略、政策、分析の役割を担っている新進およびシニア リーダー向けに設計されているプログラムです。
グローバルな実践コミュニティの一員として、各組織の意思決定者、行政機関、自治体の政策立案者、戦略家とネットワークと実践を構築します。
先見性をうまく活用した専門家の実務家やリーダーとの討論を通じて、戦略的先見の理解を深めます。

得られるスキル

  • 長期的思考

    4段階のアプローチを通じて、長期的な思考を身につけます。

    [ メリット ]

    長期的視点を持つことで、一時的な成功に左右されず、持続的可能な成長を目指すと共に、市場の変動や競争に対する耐性が高まります。

  • 意思決定の改善

    組織内の先見性の力を活用して意思決定を改善します。

    [ メリット ]

    将来のリスクを予測し、それに対処するための戦略を立てることができると同時に、突発的な問題に対する準備を整えることができます。

  • 実践的スキルの向上

    ホライズンスキャン、システムマッピング、シナリオ開発、3ホライズンなどを含むフォーサイトツールの実践的な経験を積みます。

    [ メリット ]

    ここで身に着ける未来予測の技術は実践で活かすことを前提としており、企業や組織の安定性、成長性、そして競争力を高める効果が期待できます。

参加の流れと内容

  • 01

    事前オリエンテーション
    CBP東京オフィス

    イギリス出発の1週間前に、CBP東京オフィスにて、研修の概要、注意事項等を事前説明いたします。
    ※日本語でのオリエンテーションです。

  • 02

    トレーニング5DAYS
    Lainston House

    ロンドン郊外で、将来予測の専門研究家による、未来予測の手法を学び、自社の未来の在り方を自ら落とし込む五日間の研修に参加いただきます。
    2024年度は7/29 - 8/2に実施予定です。
    ※英語でのトレーニングです。

    [ Lainston Houseについて ]
    ロンドン郊外にある17世紀のイギリスに建てられた邸宅を活用した高級ホテルです。チャールズ2世と彼の愛人ルイーズ・デ・ケロウアルの歴史的建造物としても有名です。
    豪華な客室でゆったりすることは勿論ですが、散歩や自転車に乗ったり、季節の料理教室を楽しんだり、新しいレストランで美味しい食事や応接室でアフタヌーンティーも楽しめます。

  • 03

    学びの振り返り会
    CBP東京オフィス

    帰国から1~2週間後、セッションの内容を踏まえた、弊社によるフォローアップを行います。研修で得た知識や学び、経験を整理します。

    また自社、各個々人の活動へ紐付ける未来予測や、自らの必要とする未来へのアクションの落とし込みを行います。
    ※日本語での振り返り会です。

費用概算

[ 費用 ]

200 万円

宿泊費も含みます。費用は為替等の影響により変動する可能性がございます。ご了承ください。

費用、開催日程等、詳しくはお申し込みフォームよりお問い合わせください。

[ ビジネスコース (日本語) / 新入社員・現場担当者向け ]
未来予測から事業構築を始めたい方に

ビジネスプロデューサー
育成プログラム

弊社主催、今の時代にこそ求められる新たな価値をビジネスとして創出する研修プログラム

本研修プログラムではまず、事業開発の一連のプロセスを学び、ビジネスの全体像を理解します。
その後、事業開発のフェーズごとに必要なスキルを個別のプログラムで学びます。
※全て日本語で、カスタム型で実施が可能なため、日常業務と伴走しながら学習効果を高めることが可能です。

プログラムの内容

Phase 01

Future Drawing©

  • 01

    将来予測(2050年の未来を考える)

    特定の年数の将来ビジョンを具体的に描き、複数のシナリオ予測スキルを身につけることで、予測不能な時代における不退転の成長力を身につけます。
    変化する時代環境を踏まえ、マクロ市場の未来測策定を行うためにシグナルの共有から、シナリオ・アクションの策定を行います。
    ハイライトは未来年表の作成です。

  • 02

    未来をつかむシナリオプラン

    未来ビジョン、業界/競合分析の研修を通じて得たスキルを組合せ戦略シナリオを策定します。事業仮説を複数パターンつくり、リスクや可能性を吟味するスキルを獲得します。

Phase 02

  • 03

    事業開発の基本

    新規事業創造に必要なビジネスの基礎設計、心と数字のマネジメントを学ぶと同時に、財務3表などの基本知識を身に付けます。
    合わせて仮想チームにおけるリーダーシップ、コレボレーション技法などマネジメント方法を学びます。
    ハイライトは事業の立ち上げに必要な収支モデルのxlsでの5年間見通し作成です。

  • 04

    問題の定義と解決策の特定

    「課題」の特定⇔「解決策」策定と実行を繰り返し、仮説実行を行うことで事業上の目的を早期に達成するスキルを養います。
    Øマネジメントやプランナーに欠かせない仮説思考を習得し、顧客課題に対する早期提案化スキルを醸成します。

  • 05

    特定の業界/競合分析

    業界/競合分析セッションでは、未来ビジョン、IBPSのスキルをベースに、具体的な現状業務で必要とされる業界・競合分析などをトライアル的に実行し、実務スキルアップを目指します。
    プランニングの裏付けに必要な市場の状況(規模,主要企業,業界動向等)や、対象企業の情報(売上,利率, シェア,社員数,戦略,など)の資料化スキルを習得します。

  • 06

    ビジネスモデル1,000本ノック

    事業計画策定にあたって、アイディアを形にする基本であるビジネスモデルの作成を学びます。
    具体的なケーススタディーを使用して実践で活用できるノウハウを身につけます。

Phase 03

Launch Activation©

  • 07

    事業構想を実現するための
    ステークホルダーマッピング

    自分の人的ネットワークを客観視し、関係性の見直しをしながらマップを作っていきます。
    自らを理解しながらチーム形成を行い、持てる人的NWマップに対してどんなアクションを起こしていくべきかを可視化します。

  • 08

    メンタリングセッション
    (One on One形式)

    ビジネスパーソンとしての強み、特徴を明らかとし、成果の出るCAREERを描くアドバイザリOne on One。皆様の自己価値および社会提供価値を明確化・ 言語化することにより、目標設定と自己変容の契機を提供します。
    目指すゴールに合わせ、ライフコーチ、メンタルトレーナー、ビジネスコンサルタントなど適切なプロを担当としてアサインいたします。

  • 09

    フィールドサーベイ
    (アクティビティ型)

    新ネタ発掘のアプローチとして、フィールドサーベイを実施します。
    これまでにない非日常の中で、現実をより深く知るアプローチにより、新規事業を既存思考から抜け出て発想してもらいます。
    1日でクイックに訪問するパターンから、1泊2日等の合宿を想定した訪問先パターンまでを課題に応じてアレンジします。

皆様からの声

自治体向け研修プログラム

Me&Future
- 2050年の未来社会と自らのあり方を見通す -

ローカルエリアでのビジネスプロデュースに特化したプロジェクト。
世の中を多角的に捉えるワークショップや振り返りの交流ミーティングを通じ、自身の今後の取り組みを実際に計画するプログラムを提供。

ご参加の企業・自治体:
札幌市

  • 2050年を予測した事業展開の視点は、今まで持っていなかったもので、とても良い刺激を受けた。
  • 参加前はタイトルだけでは正直わからない部分があったが、研修で未来志向の対話を重ねるうちに、日常業務に翻弄され忘れていた自分自身の職種のスタンスに気づかされ、新たな課題を見出すことができた。
  • 世の中が何に向かっているのか、どのような可能性があるのか、マスコミの情報だけでは到底解らなかったことがとても解りやすく体感できた。

大手製造業様向け

企業の人材育成事業に向けた研修。自社ビジネスの理解・業界における自社の位置づけ・数字マネジメントの基礎知識を絡めつつ、新規事業開発の基本を学ぶことを軸としたプログラムを提供。
ケーススタディやコーチングセッションなど、レクチャー形式のセミナに限らず、アクションラーニング手法も取り入れ、今後の業務に活かせる日々の現業と新たな学びにつなげるアイディアの構造化研修をハンズオンにて実施。

  • 様々な議論から色々な考え方が見え、他の方からの観点から勉強になることが沢山あった。
  • セグメンテーションは様々な視点があって、皆の発言を聞き、異なるセグメンテーション方法を見つけたことが面白かった。
  • フレームワークを使った分析から自分たちの事業開発ネタにどうつなげていくかをしっかり考えないといけないと感じた。

開催日程等、詳しくはお申し込みフォームよりお問い合わせください。