SOIF

提携パートナー

弊社は未来予測を専門とする英国「School Of International Futures (SOIF)」とオフィシャルパートナー契約を結んでおります。

パートナーシップにより、SOIFの有する参加型未来予測および先見的な専門知識を結びつけた事業開発アプローチが可能になりました。
グローバルな事業展開と不確実な時代の成功を目指す人々に、世界規模の戦略的なビジョンを有するための手法と、各組織における意思決定支援を日英連携チームが提供します。

SOIFとは

SOIF(School Of International Futures)は、2012年に英国・ロンドンで設立された、未来予測に基づき、先見性あるアプローチ手法で将来の世代のための戦略と政策を実施する世界的な非営利団体です。

多様なチームを組み組織や企業と協力しながらより良い変化を起こし、グローバルに事業を展開しています。国際連合(UN)、World Health Organization(WHO)、国際原子力機関(IAEA)、英国政府科学庁などの世界中の企業や政府、組織に助言し、協力して能力を構築、そして戦略を策定し、長期的な持続可能性を支援してきました。

Strengths

  • 01

    政府、NGO、国際機関、企業における戦略・政策・リーダーシップ・分析的役割の上級レベルを担う。

    クライアントとパートナーは、企業から政府機関、財団まで、幅広い分野に及びます。

    過去の参加者: シェブロン社の代表、デルマ研究所、アラブ首長国連邦、オランダ外務省、欧州対外行動局、ガルテンロスコ フ、マレーシア産業政府グループ、マッキンゼー・アンド・カンパ ニー、メキシコ国家安全保障委員会、シェルグローバル、アフリ カ公共政策研究所、国連、英国国防省等。

  • 02

    設立者のCat Tully氏は元英国首相戦略ユニットの上級政策アドバイザー。

    設立者のCat Tully氏は英国のトニー・ブレア及び、ゴードン・ブラウン首相の元で、首相戦略ユニットの上級政策アドバイザー担当した後、英国外務省の戦略プロジェクトディレクターとしての経歴があります。

  • 03

    未来の社会を支えるZ世代支援プログラムが、今日の意思決定者とつながる世界最大の予測ネットワークの一つになっている。

    次世代フォーサイト・プラクティショナー・プログラム(NGFP)と呼ばれる次世代のチェンジメーカーを支援するプログラムを実施。16歳から30歳までのリーダーシップグループによる、 より参加型で、より将来を見据えた国家戦略を策定することを目指したもの。

    英国の開発戦略に対し、大胆な戦略的ビジョンを設定することの必要性を強調、根本的な新しいビジョンと、首尾一貫した決定的な英国の国家戦略のためのアイデアとを結びつけ、 Bond UK Futures Dialogues に若者の声を提供するなど、国際開発における英国の将来の役割の可能性を探っています。

  • 04

    将来を見通すプロフェッショナルが世界中に在籍。先見性、公共政策、ガバナンス、ネットワークの専門家で構成されている。

METHOD/ SOIFが提供する未来予測のメソッド7

SOIFはデザインシンキングやシステム思考、戦略立案の手法などをより柔軟に組み合わせ、先見性のある未来予測を行っています。

  • 01 Horizon Scanning

    Drivers of change (様々な未来の出現の初期の兆候)を特定し、マッピングします。

  • 02 Systems Thinking

    ドメインや因果ループ分析などのフレームワークを使用してシステムを表現および分析します。

  • 03 Scenarios

    構造メソッドを使用して、信頼性があり、一貫性があり、異なる一連の可能な未来を記述します。

  • 04 Futures Wheels

    グループが変化の結果を調査し、潜在的な結果を特定するための視覚的な方法です。

  • 05 Three Horizons

    現在と望ましい未来を結び付け、それらの間の矛盾を特定し、結果として生じる可能性のある分岐した未来を探求するフレームワークです。

  • 06 Wind Tunnelling

    将来のさまざまなシナリオに対して目標と目的をストレステストします。新しいシナリオの生成にも使用できます。

  • 07 Backcasting

    与えられた将来のシナリオを想定し、このシナリオの展開につながったと考えられる要因やイベントを特定するようにユーザーをガイドします。これにより、別の将来の道筋を想像できるようになります。

SERVICE/ 提供サービス

01

Custom Consulting

4段階のプロセスを通して、未来への見通しについてストーリーを構築し、政策立案、戦略実行への意思決定を導き、将来に備えた組織や人脈、リーダーシップを構築することができるようになります。

  • Scoping

    スコーピング(範囲設定)

    物事の背景や関係者を理解し、問題設定を行う。

  • Ordering

    オーダリング(整理)

    変化の要因(Driver)を用いて対照的だが論理的な未来のシナリオを作る。

  • Investigating
    Implications

    インベスティゲーティング
    インプリケーションズ(含意の検証)

    導いた未来シナリオの結果や影響を詳細に検討する。

  • Integrating Futures

    インティグレーティング
    フューチャーズ(未来の統合)

    作業から得られた洞察を組織内外の活動に組み込み展開していく。

担当箇所

  • ・上記報告書の翻訳
  • ・会議の同席とワークショップなどのファシリテーション
  • ・外部環境分析結果報告書の作成
  • ・将来シナリオの作成
  • ・新ビジネス領域ご提言作成

など弊社で対応いたします。

02

Foresight Retreats

英国で行われる5日間の対面式の集中コースで、戦略、政策、分析の役割を担っている新進およびシニア リーダー向けに設計されているプログラムです。
グローバルな実践コミュニティの一員として、仲間の意思決定者、政策立案者、戦略家とネットワークと実践を構築します。
先見性をうまく活用した専門家の実務家やリーダーとの討論を通じて、戦略的先見の理解を深めます。

担当箇所

参加される方の出発までの準備と帰国後のフォローまで対応いたします。
海外現地で、様々な国籍の方と英語で議論することのみならず、日本語でのプレ・アフターにより、トレーニングに通じた学び、アウトプットの価値を底上げします。

STAFF/ SOIF担当スタッフ

  • SOIF(School of International Futures)
    Director of Futures

    Andrew Curry

    Andrew Curry

    SOIFのフューチャーズ担当ディレクターとしてアドバイザリー・プラクティスをリード。CROSS Business Producers とコラボを行う、日本向けのサービス開発においても、主担当窓口を務める。

    ケンブリッジ大学卒業、ランカスター大学社会未来研究所の諮問委員会のメンバーであり、プロフェッショナル・フューチャリスト協会の副会長を5年間務めた歴任。SOIFでは現在、未来予測の手法やテクニックについてアドバイスを行うほか、SOIFの研修やトレーニングの講師を担当。

    20年間以上フューチャリストとして、公共セクター、非営利セクター、民間セクターの幅広いプロジェクトでクライアントをサポート。未来に関する著書も多く、2001年、ヘンリー・センターが内閣府に提出した報告書 "Understanding Best Practice in Strategic Futures"の主執筆者。アンソニー・ホジソンとの共著で、スリー・ホライズンズ手法に関する初の学術論文と、ウェンディ・シュルツとの共著で、比較シナリオ手法に関する論文を執筆。また、Routledge Handbook of Social Futuresに、戦後の未来とシナリオの歴史に関する章を執筆。