CASE STUDY

三菱地所株式会社

国内市場変化に伴う国産材の
活用によるサステナブルな
木材の
利用促進アプローチ活動ご支援

三菱地所グループ様はサステナブルな視点から事業活動における木造木質化を推進しています。
その事業構想に基づき、様々な国産材利用促進のアプローチのご支援を担当しています。

複数プロジェクトの中でも代表的な事例のひとつとして、グループ子会社・住宅用木構造材メーカー様の非住宅市場獲得に向けた中期経営計画の策定を担当いたしました。

[ プロジェクト名 ]
住宅用木構造材メーカー様の中期経営計画の策定支援をはじめとする複数プロジェクト
[ クライアント名 ]
三菱地所株式会社様 / 並びに関連する各事業部門様 / 子会社様等
[ 担当部門 ]
住宅部門 / ビル事業部門 / 新事業創造部門 / エリアマネジメント部門
[ 期間 ]
複数年を通じて
[ Service ]
Launch Activation©

Signals/ 検討の背景に捉えた未来への予兆

国産材市場の盛り上がりと
ライフスタイルの変化

日本は世界で、第4位の森林率の国で、実に国土の67%。
利用適齢期を迎えた樹齢50年以上の人工林が50%を超えているなかで、森林とともにある国土の保全、環境の維持のため木材の伐採・活用を拡大していくことが求められていました。
同時に2020年コロナ禍の影響で輸入木材の代替で国産材の需要も高まっていました。

また一方、少子高齢化、都市の人口構成や人々の消費やワーク&ライフスタイルが変わる中で、住宅/非住宅に対する需要も大きく変化しています。

更にCLT(直交集成板)など高強度な木材や、不燃木材の登場により木造による高層建築を行うことも技術的に可能になってきています。

そういった背景の中で、三菱地所グループとして「持続可能な木材利用の推進」を目標に掲げ、国産材・認証材の活用をどのように進めていくべきかが課題でした。

Launch Target/ どのような市場空間を狙うのか

国産材の活用が見込める、
“拡大する国内市場”を
新たに取り込む

三菱地所グループでは各社がシナジーを発揮しながら、木の魅力を活かした取り組みを進め、未来の都市の木造・木質化を目指しています。

日本初のCLTを採用した純木造プレファブリック住宅「MOKUWELL HOUSE」では、三菱地所をはじめとする7社の出資のもと、従来分断されていた木材の調達、製造から販売までのビジネスフローを統合し、低コストで高品質な製品の提供を可能にしました。建築資材、特に主要構造材として木材を利用し、鉄・コンクリートの使用を抑え、国産木材の利用を拡大しています。脱炭素社会の実現に加え、生物多様性・自然資本の維持・向上へ貢献することも期待されます。
この取り組みは最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞しました。

また、札幌市中央区では、北海道産木材を積極的に活用した国内初の高層ハイブリッド木造ホテル「ザ ロイヤルパーク キャンバス 札幌大通公園」を開業。本物件は、低中層部が天井を木質化した鉄筋コンクリート造、中層部の1層が鉄筋コンクリート・木造のハイブリッド造、高層部が純木造となるハイブリッド木造建築です。三菱地所グループがこれまで推進してきた木造・木質建築物の成果を集約した今までに無い新しい形のホテルとなっています。

新たな市場獲得を目指し、「木」の価値を引き出す様々な取り組みを展開。結果、「ウッドデザイン賞2022」(主催:一般社団法人日本ウッドデザイン協会)では、三菱地所(株)を含む6社、計7件が受賞しました。
そのようなことを踏まえ、どのように今後の成長を目指すかを検討いたしました。

Action/ ご支援させていただいた事例

関連子会社のシフトチェンジを支援
子会社様・住宅用木構造材メーカーの非住宅市場獲得に向けたアプローチ
ご提案

三菱地所グループ子会社・住宅用木構造材メーカー様の中期経営計画の策定支援を担当いたしました。
人口の減少に伴い、今後新設住宅着工戸数の減少する傾向に立たされることが予見されているなか、住宅に変わる収益軸を新たに築きたいという課題がありました。

市場調査より、非住宅領域での木造木質化の物件が増える傾向であることに着眼し、非住宅市場獲得に向けた中期経営計画を提案。
具体的には、ベンチマークを置き、将来的に目指すポジションニングを行った上で、中期経営計画を実現するための課題整理、マイルストーンの精査、設備投資検討、売り物の整理を行いました。

国産材の活用ができる新たな国内市場開拓の一歩となりました。

資料提供元:(株)三菱地所住宅加工センター様
This is Me 神奈川県藤沢市5階建てテナントビル / 湘南 MIYU 海友プロジェクト 神奈川県藤沢市 店舗併用共同住宅

Our Contribution/ 弊社のご貢献ポイント

三菱地所グループ様の組織に合った形で、
事業のローンチまでのプロデュース

成功に導くためのプロジェクトチームの組成や、マネジメントのKPI設定を通じて組織変容をプロデュース、さらに弊社独自の事業立ち上げのメソッドに基づき、収益刈り取りのためのプロジェクト実行までご支援いたしました。

三菱地所株式会社について

三菱地所グループは、丸の内エリアを中心としたまちづくりで蓄積してきた、独自の知見・ノウハウを活用し、様々な領域へと事業を拡大してきました。そうした事業で新たに獲得した知見やノウハウをあらためて丸の内のまちづくりにも還元させることで、相乗効果でさまざまな価値を生み出すサイクルを構築しています。

(出所;同社公式ホームページより